麻は環境に優しい植物なのです

おおあさ、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これを変換してみれば、大麻、となります。
つまり、違法なものとして取り締まられやすい、たいま、のことを言うのです。
しかし、もとはと言えば大麻も草でありますから、
加工次第では衣類にも使えることが出来るのです。
ただ、大麻と表記すると麻薬関係と誤解されやすいので、おおあさ、
あるいは、おお麻、と表記することが多いというだけなのです。
おお麻と表記するのも読む上で面倒なので、以降はヘンプ、と表記してみることにします。
ヘンプは様々な用途へと加工することが出来る、万能の原材料です。
大麻などに転用されやすい葉っぱや穂は正しく使用すれば医薬品にも使えますし、
種はナッツとして食べることが出来、殻だって栄養が多く含まれています。
また、種はオイルにすることもできますね。
ヘンプオイルには抗菌作用が含まれているため、
せっけんや洗剤に利用することが出来ますし、
加工の仕方によっては食用油として使う事が出来ます。
また、このヘンプオイルは、
バイオマスエネルギーに転用できるのではないかと注目を集めており、
メインのエネルギーになることは臨めないものの、
ガソリンや石油が無くなった際には必需品となる可能性も秘めています。
こう言った具合に、多くの可能性を持ったヘンプではありますが、
やはり一番聞きなじみがあるのは、麻製品と呼ばれる衣類のことでしょう。
もともと収穫しやすく、農薬や肥料を使わずに育てることもできるため、
日本では長きにわたって栽培され、衣類の原材料となってきました。
敗戦後、闇市などに売り出すための麻薬への加工を請け負う業者を重く見た政府によって、
栽培するにあたっては免許が必要となり、
原材料となるヘンプは外国から輸入されることが多くなったため、
今では麻製品はほとんど外国製が大半となっております。
とはいえ、これからはその規制が緩くなるかもしれません。
もちろん、大麻の栽培は取り締まっていく必要がありますが、
ヘンプは紙や建材などへの利用価値が高く、
おまけに大量生産が可能なため、
物資不足に陥る可能性がある今となっては、
ヘンプの力を借りることにもなる可能性があるのです。
なにより、ヘンプで作った衣類は通気性が良く、軽いのが魅力です。
動物の毛皮などと違って土壌さえしっかりしていればいくらでも作れます上に、
たとえ廃棄されても肥料にかえたりすることが出来ますから、
環境にも優しい製品と言えるでしょう。
もちろん、ヘンプ一つで全てが変わるわけではありません。
ただ、今の動物や地下資源と言った限りある資源に依存している生産体制を見直す上では、
重要なファクターとなりうるだろう、という話をしているのです。
元々日本ではヘンプを重要なものとして生産してきました。
その原点に立ち返って、海外などからの輸入依存を抑えるためにも、
ヘンプを見直すことは、日本が日本らしくあるためにも、重大な変化となりうるのです。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

ヘンプオイルは、人類にとって奇跡のオイル

ヘンプカーと称して、大麻(ヘンプ)から取り出したヘンプオイルを燃料にして、キャンピングカーを走らせている団体があります。
ヘンプオイルとメタノールから、メチルエステルが得られ、それをバイオディーゼル燃料として使っているのです。
しかも、通常軽油に混ぜて使うところをヘンプオイル100%で使用しています。
ただ、これは企画者の一人が認めているのですが、ヘンプオイルを使うのは現実的ではなく、同じ面積から採れるメチルエステルは、菜種の方がずっと上回っています。
ヘンプからは、菜種の1/3しか採れません。
そして、ヘンプオイルを動力源に使うなど勿体無いということも認めています。
何故なら、ヘンプオイルは、人体にとって有益なスーパーオイルだからです。
含まれる不飽和脂肪酸の成分は、リノール酸56%、αリノレン酸20%、γリノレン酸3%、オレイン酸12%です。
オレイン酸を除く三つの脂肪酸は、必須脂肪酸で摂取が必要とされる成分になります。
しかも、リノール酸とγリノレン酸はω6脂肪酸で、αリノレン酸はω3脂肪酸であり、ω6とω3の割合は3:1です。
この数値、実はWHOが推奨する摂取割合である4:1に近いのです。
日常の食べ物からω6はとる傾向(欧米ではω6とω3の割合が10:1~30:1)にありますから、ヘンプオイルはそれを補うようにミラクルな割合で出来ているのです。
しかも、ここまで完璧な割合は他の食物ではそうそうありません。
ちなみに他の食べ物だと、胡桃が4:1です。
どうして、WHOが定める4:1が良いかというと、ω6は血液を固め、ω3は血液を柔らかくする性質があり、バランスを取る必要があるからです。
ω3であるαリノレン酸は、血流を改善効果、殺菌作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用と体全体にわたり必要不可欠です。
しかも、このαリノレン酸の10~15%はω3の他の必須脂肪酸であるDHAやEPAに、体内で変換されます。
また、γリノレン酸はアトピー性皮膚炎のようなアレルギー疾患に効果があると考えられてます。
しかも、γリノレン酸を採れる植物はヘンプだけなのです。
ここまで色々と書き連ねましたが、実はこれはほんの一部に過ぎず、山の要に人体に有効と思われる効果があります。
LDLが減少して、HDLが増加する可能性があります。
肌に艶や弾力が戻りやすくなるでしょう。
血管が若返り、血圧が改善されるかもしれません。
頭の回転が速くなる事が予想されます。
新陳代謝が活発になり体力が回復すると思われます。
他にも脂溶性ビタミンであるEの他、銅や亜鉛が含まれているので、それらも相まってより健康効果が期待できるのです。
特に抗酸化作用のある成分が体を若返らせるでしょう。
ヘンプオイルは、奇跡のオイルとか思えません。
調べればその度に優れた性能が発見され、まさに天からの授かり物なのです。
しかも、化学合成された成分が含まれていないため、製造過程で生じがちな体に外のある不純物がありません。
それを自然の植物から絞るだけで手に入るのですから、これ程便利で安上がりなものがあるでしょうか。
どの企業でもいいですから、是非大量生産して、大量に流通させて欲しいですね。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

大麻(ヘンプ)は親しみやすい素材です

大麻という言葉は一般的にはマリファナなどの薬物薬物を指すものとしてテレビのニュースなどで耳にすることもあり、現代ではあまり良いイメージではありません。
ですが、みなさんの夏服についている洗濯方法のタグには素材についても書いてあるのですが「麻30%」と表示があったりします。
紐でも麻紐が普通にお店で販売していますよね。
実は、衣類や織物、アクセサリーなどにも普通に麻が使われているのです。
麻は、古来から日本に自生している植物で、弾性に乏しくすぐにシワになりやすいのですが、肌触りもよく通気性もよいので、夏に高温多湿になりやすい日本や、世界の暑い地域などでは麻の織物や衣類に好まれて使用されていました。
日本では奈良時代や飛鳥時代から衣服などに愛用されていたようですし、古代エジプトなどでは神官の衣服や一般の服にも使われてたと言う文献もあります。
また、神道では麻は厄除けや魔除けなど厄災を祓うものとされていて、伊勢神宮の御札は新宮大麻と呼ばれ麻を使っていたそうです。
また、神社などの聖域を囲む結界のための紐や注連縄、神殿に吊してある鈴の縄などにも使用されているのです。
意外にも身近に使われている麻ですが、これは大麻(ヘンプ)と言って法律で禁止されていないタイプの大麻なのです。
日本では、実からとれるオイルや繊維を利用する場合などは、しっかりと法的な機関に栽培を申請すれば罰則はないそうです。
ちゃんと区別をつけることで麻薬ではなく、衣服などの工業品や食用にも利用可能な麻であると言うことをわかりやすく表現しているのだそうです。
そして、意外にも大麻(ヘンプ)は日本でも栃木などで衣類大麻(ヘンプ)として栽培されているのです。
手芸用品でも販売されており、ブレスレットやミサンガなどにも利用されています。
また、麻のブレスレットは運気をあげるパワーがあると言われていてパワーストーンと併用したアクセサリーも販売されています。
また、実から取れるヘンプオイルはボディーケア製品などにも使われていたり、他には潤滑油、塗料などの工業用としても用途が広く、抗菌性の性質も持っていますので石鹸やシャンプー、洗剤にも使われている場合もあるそうです。
また、バイオディーゼルという植物燃料としての研究も前から研究されていて注目を集めています。
中国では昔から漢方薬として使われていた事もあり、痛み止めや胃腸病、皮膚病などの漢方薬だったそうです。
最近では、副作用の少ない安全な薬として外国では心的外傷後ストレス症などの精神傷害や緑内障、喘息、ガン患者の緩和ケアといった医療分野でも大変注目を浴びています。
大麻は薬物という負イメージがどうしてもありますが、害のないヘンプや麻製品を考えると古くからこんなにも私たちの身近で日常に存在していて利用しています。
麻と言う一括りで偏見を持つのでなく、麻に対しての見識を少し見直してみるといいかもかもしれませんね。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

大麻は優れた資源作物

■ 資源作物として注目される大麻
大麻といえば、「大麻取締法」で規制されている違法薬物というイメージで捉える人が多いと思います。
しかし、大麻は優れた資源作物としての一面を持っており、近年は、産業用に栽培する大麻を「オオアサ」や「ヘンプ」と呼んで区別するようになりました。
一番有名なところでは、七味唐辛子の中に入っている「麻の実」(麻の果実)ですが、その他にも種子(果実)からは食用にもなる良質な油、茎からは衣類や紙など利用できる強くて丈夫な繊維が採れます。
その上、大麻は、除草剤・殺虫剤・化学肥料は一切使わずに、毎年種をまくだけで手間をかけずに育てられるので、農家にとって非常に栽培しやすい作物でもあります。
また、こうした育てやすさに加え、成長が早く、寒さにも暑さにも強い特性を持つ大麻は世界中で大量に栽培できることから、石油に変わるバイオ燃料としても期待されています。
近年、世界では、こうした大麻の新しい魅力を積極的に見直していこうという機運が高まってきており、EUやカナダでは、1990年代から麻薬政策によって長い間続いてきた栽培規制を緩和し、産業利用が始まりました。
「大麻取締法」による栽培規制の厳しい日本では、1980年代にマリファナの成分を生成しない産業用の新品種「トチギシロ(栃木白)」が開発され、自治体の許可を得て栽培を始める農家も徐々に増えています。
■優れたオーガニック素材としての大麻(ヘンプ)
近年、アレルギー体質の人が増え、全く化学物質を使用しないで製造する天然素材の「オーガニック・コットン」が人気を集めています。
しかし、素材となるコットンはもともと雑草や害虫に弱く、殺菌や漂白など加工にも様々な薬品が必要な作物。
これを完全に有機栽培・無薬品加工で製造するのは相当な手間とコストがかかります。
一方、大麻(ヘンプ)ならば痩せた土地でも雑草や害虫に負けずに元気に育ってくれるので、化学肥料も除草剤も殺虫剤も全く使用せずに栽培できます。
また、古来より貴重な繊維作物として栽培・加工されてきた大麻(ヘンプ)は、化学薬品を使わずに繊維を取り出す方法が確立されているので、薬品を使わない加工もそれほど難しくはありません。
最近は、大麻(ヘンプ)のオーガニック素材を使った赤ちゃん衣類(肌着やよだれかけなど)も販売されており、アレルギーを持つ赤ちゃんを持つお母さんや「直接赤ちゃんの肌に触れるものには天然素材を使いたい」という自然志向なお母さんたちに好評を博しているようです。
■ 天然の栄養食品「ヘンプ・オイル」
大麻(ヘンプ)の果実(麻の実)から抽出される油は、ヘンプ・オイルと呼ばれています。
ヘンプ・オイルの特長は、人体では合成できない栄養素である必須脂肪酸(α-リノレン酸、リノール酸など)が多く含まれることです。
その含有率は、普段よく食べられている食用油の、大豆油(約40%)、キャノーラ油(約30%)、オリーブオイル(約10%)と比べて遥かに高い約80%。
しかも、ヘンプオイルには、健康へのリスク要因となるトランス脂肪酸、コレステロール、糖分がほとんど含まれおらず、アレルギー物質も含まれていないので、生活習慣病が気になる人でも安心して摂取することができるのが魅力です。
食用のヘンプ・オイルは、以前はなかなか入手できませんでしたが、最近ではオンラインショップなどで手軽に購入できるようになりました。
店舗によって異なりますが、だいたい4000円程度で販売されているようです。
食用油としては少々高めですが、健康食品と考えれば妥当な価格かもしれません。
まさに天然の栄養食品といえるヘンプ・オイル。
お試しになってみてはいかがでしょうか。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

麻の復活

私の祖父母は戦時中、空襲に遭遇しませんでした。
当時において、
これはかなり幸運な事といえるでしょう。
祖父母の受けた戦争による被害は、
家業の閉鎖と、若い人々の価値観の変化でした。
二人は代々織物をなりわいとする家に生まれ、若い頃から機を織っていました。
機織りの話は、私も子供の頃たびたび聞かされましたが、
特に何かを感ずるということもなく、聞き流していたものです。
経糸と横糸との構成により作成されてゆく織物は、
衣食住の重要な部分を担う、大切な産業の一つであると、私は考えています。
糸は化学繊維のほかに天然繊維があり、天然繊維には木綿や麻などがあります。
化学繊維の登場は、私達の生活を便利なものにしてくれました。
しかし、ある染織作家の女性が著作の中で述べておられますが、
化繊よりも麻や綿などの方が肌になじむとのこと。
生き物である私達人間には、
同じ自然から生まれた生き物である植物からつくられた繊維の方が、
体に合うのでしょうか。
精神的にも肉体的にも、私達の肉体に優しいのでしょう。
これは建築物に関しても同じようなことが言われており、
木材が人の心身に与える良い影響について、しばしば語られています。
大麻は日本において、昔から人々に栽培され、人々の身近な存在でした。
でも近年、大麻と言えば衣服というよりも麻薬を想像してしまいます。
これも戦争における、私達が蒙った悲劇の一つではないでしょうか。
暑さをしのぐ作用のある麻の衣服は、
わりあい南の地方や国で多く使用されているようです。
私達はかつて、麻の蚊帳を使用していました。
夏の衣服、甚平などにも適しています。
テーブルセンターや、
夏に使用するマフラー、ストールにもいいのではないでしょうか。
また、刺繍用の布地としても、綿とともに麻も使用されています。
自由刺繍に向いていますし、
ベンガルクロスのようにクロスステッチに使用されるものもあります。
ちなみに現在、家の近くの川には葛やカラムシが自生しています。
特に葛は石垣を覆うほどに繁殖するので、
年に一度は雑草とともに刈り取っていますが、
葛もカラムシも繊維を取れる植物なのです。
布にするまでにとても手間がかかるのですが、
こうして雑草とともに捨てられるのを見ると、資源活用がさけばれる今、
残念な気がしました。
ついでながらカラムシはマオともいい、
真の麻という意味だそうです。
海外に関わらざるを得ない今日の政治状況において、
綿や麻のように国際関係が作用して低迷する産業もあります。
外国との関係や貿易は、たしかに私達の生活を豊かにし、
人々の知識が広がるという利点がありました。
けれども以前は日常の食卓に出ていた伝統的な食材が消えてしまったり、
伝統的な職業の不振を招くということもあり、複雑な思いが胸をよぎります。
衣類だけでなく、建築、食品、医療にも有効な力を発揮するという麻が、
いつの日か、かつてのように復活して国の自立を促し、
私達の生活を強めてくれることを願ってやみません。

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。

オランダ屋・個人輸入代行

美容と健康を気に掛けている方なら、肌につけるものや口にするものにはとくに気を使っているかと思います。
美しさは健やかな体からうまれ、健康なくしてきれいな肌やスタイルは保てません。
ですが、ドラッグストアや店頭で買える化粧品や健康食品などだけで満足していませんか。
確かに、添加物に何が使われているかしっかり確認して化粧品などを選ぶことも大切ですし、毎日の食事だけでは摂りにくいビタミンなどを健康食品で摂る事も大切です。
それだけで何も気にしない人よりはよっぽど美しい肌でいられるでしょう。

ですが、どんなに気をつけていても年を重ねればシミやシワなどが増えていってしまいますし、病気になってしまうこともあります。
そんな時、予防だけではどうしようもないという事に気付くはずです。
では、予防だけでは足りない時は何が必要になるでしょうか。
それは治療で、ドラッグストアなどで買える市販薬でだめなら病院で…と考えている人が多いかと思います。
ですが、実は個人輸入で必要な医薬品を購入し、自分で治療するという選択肢もあるのです。
たとえば、個人輸入代行サービスという海外の医薬品を輸入する手続きを代わりに行ってくれるサービスがあります。
とくに有名なのがオランダ屋で、15年以上続いている老舗ですから、リスクが高いと言われている医薬品の個人輸入でも安心して利用できるでしょう。
そこで扱っている医薬品やサプリメントは幅広く、花粉症やインフルエンザなどの薬だけでなく、美容皮膚科などで処方される美白、シワ取りのクリーム、そしてダイエット薬など、ドラッグストアなどでは手に入らない効果の高い商品を数多く扱っています。

美容皮膚科などは都会には多いですが、それ以外の場所ではまだそう多くはありません。
それに、健康保険が適用されない自己診療が多いので、たとえ近くにあってもなかなか行くことができず、シワやニキビなど美容に関する悩みがあっても、気休めに市販薬やサプリメントを利用している方も多いのではないでしょうか。
実際にわたしもオランダ屋を知るまで、医療費の事を考えて病院へ行くのを諦めたという事が何度かありました。
ですが、個人輸入を利用すれば安いジェネリック薬なども手軽に購入でき、自分で治療することも可能だとわかり、納得がいくまで美容や健康の悩みと向き合うことができたのです。

ただ、ここで扱っているのはほとんど医薬品ですから、その使用法には注意しなくてはなりません。
美白クリームやニキビ治療薬などは、肌のターンオーバーを促進させるために肌のバリア機能を弱めてしまいます。
ですから治療中の紫外線対策は必須で、これを怠ると逆にシミやシワができてしまうのです。

医療機関では薬を処方してもらう時に細かく説明を受けられますが、オランダ屋などの個人輸入代行サービスを利用する時は、各自がしっかり薬の説明を調べて正しく使う必要があります。
オランダ屋では商品ページに詳しい解説が載っていますし、口コミなども参考にしましょう⇒オランダ屋の個人輸入代行(こちらのサイトに口コミなどが多数掲載されています)

Posted in 未分類 | コメントは受け付けていません。